「まぜこぜの社会」をめざす Get in …

すべての人がもっと自然に、もっと豊かに、
もっと自由に暮らせる「まぜこぜ」の社会を!
【寄付受付期間:2017年3月31日~2017年8月31日】
Get in touchとは
いまの日本には、生きづらさを抱えている人がたくさんいます。
障がい、病気、国籍など…、”ちがう”ということがハンディになってしまう、
そして、震災や事件などにより社会に混乱が起きた時、マイノリティがますます追いつめられてしまう、そんな成熟していない社会は不安です。
「どんな状況でも、どんな状態でも、誰も排除しない、されない社会で暮らしたい!」そんな思いを胸にスタートしたのが「Get in touch」です。
”ちがい”をハンディではなく、おもしろがる社会に!
”ちがい”をハンディにするのではなく、特性としてアドバンテージにできる、”ちがい”をおもしろがる社会に。
Get in touchは、アートや音楽やおいしいものを通じて、さまざまな人たちが集う、楽しく居心地のよい空間をつくることで、まぜこぜの心地よさをPRしていく活動を行っています。実際にこれまで、マイノリティのアーティストたちを応援する「アールブリュット展」、バリアフリーの「音楽ライブ」などを開催してきました。今後も、マイノリティの人たちを被写体にした写真展、障がい者のファッションショーなどの企画を考えています。
立場やバリアを越えて、つながる!
Get in touchには、障がい、LGBT、海外支援などに関わるさまざまな団体のほか、多様なプロフェッショナル、企業が、ボランティアで参加しています。「ひとりで見る夢は妄想に過ぎないかもしれませんが、みんなで見る夢は現実になる。」、この言葉を呪文のように唱えながら活動をしています。ぜひ、わたしたちとつながってください!

団体プロフィール

団体名
一般社団法人 Get in touch
設 立
2012年12月1日
事業内容
さまざまな創作活動および表現活動を通じて、誰もがそれぞれの個性を生かして豊かな人生を創造できる共生社会の実現をめざすことを目的、達成するため、次の事業を行う。
 
(1) 障害のある人や生きづらさを抱えた人の創作活動ならびに表現活動の支援
(2) アート作品等の展示会の企画・開催及びアート作品等の販売
(3) アート作品等の商品化ならびに店舗展開等の事業
(4) 音楽出版事業ならびにこれらの振興に関する事業
(5) 書籍出版事業ならびにこれらの振興に関する事業
(6) 著作権使用料、著作隣接権使用料の受領、計算および分配等に関する事業
(7) 国内及び国外の著作権等関係団体との協力
(8) コンサートなど、啓発イベントの企画・開催
(9) 企業、団体、個人等と協働した、共生社会の実現をめざす啓発活動
(10) 共生社会をめざす企業、団体、個人等のネットワーク化の促進
(11) その他この法人の目的を発展させるために必要な事業
公式サイト
http://getintouch.or.jp/
寄付する

※みなさまからお預かりした寄付金は、毎年3月1日から8月末日までの振込み分を9月末日に、また9月1日から2月末日までの振込み分を3月末に各団体へ寄付いたします。
なお、災害支援の受付け期間、寄付実施時期等については、各支援内容に基づき実施いたします。

関連情報