誰もが音楽家!スマホ&タブレットコンサート

思いのほか、新型コロナウイルスの影響で各種イベントが中止になってきました。
でも、この「スマホ&タブレット合奏コンクール」はもともとICTの世界に、高齢者や障がい者が取り残されないよう、高齢者や障がい者の外出を促して仲間づくりをすることを目標に始めたものです。
そして指1本で楽器アプリを使うことで演奏できるという素晴らしいものです。
以前に参加したグループなどにその後の活動を聞いてみるとそれぞれ独自に活動や練習を続けているようです。


2021年度「伏見ふれあいグランプリ」にプラチナバンドの演奏動画が「最優秀賞」に選ばれました。
賞状と賞金、また「伏見ふれあいプラザ2023」の出場権が授与されるそうです。



グループA
コロナの為集まって練習できない為、月2回、Zoom にて交流。私たちの練習方法は、新曲を決めると楽譜と同時にGragebandに各パートに音入れをし、メンバーにiCloudで送信します。聴きなれない曲はタッチノーテーションに音符を入力してメンバーに送信しています。メンバーは忙しい人ばかりなので、基本的には各自の練習です。曲によってどの楽器を使うかは決まっていないので、新曲を決めた時点でパートを決めます。曲の決め方もメンバーのリクエストから選ぶことも多いです。
私たちは発表するというよりも、自分たちでタブレットでの音のアンサンブルを楽しんでおります。


  寄付する

※みなさまからお預かりした寄付金は、毎年3月1日から8月末日までの振込み分を9月末日に、また9月1日から2月末日までの振込み分を3月末に各団体へ寄付いたします。
なお、災害支援の受付け期間、寄付実施時期等については、各支援内容に基づき実施いたします。